注文住宅

 

グラテートの家づくりとは

Point 1 理想の家

『あなたの理想の家』を形にするのはすごくたいへんなことです。「間取り」や「収納の取り方」「窓の位置」・・・いろいろな知識と経験が必要で、しかも、やり直しがききません。それを実現する方法が建築家との家づくりです。グラテートの建築家は、「あなた」の暮らしへのこだわりをお聞きして、実際以上の広がりを演出するような空間構成や、光と風の取り込み方など、土地を最大限に活かして様々な工夫をしながら、「あなた」に最適なマイホームをデザインし、あなたの暮らしのデザインのお手伝いをします。当社には、ムダづかいをなくすための「ルール」があります。そのルールに従って、ムダを省いた、性能の高いデザイン住宅、というのが「グラテートの家づくり」です。

Point 2 無駄なコストを削減

セミオーダーについてムダをなくすための「ルール」を設定

一般的なフルオーダーの注文住宅では、必要な建材が多様になることが多く、寸法も様々で、目に見えないところでコストがかかってきます。実は注文住宅のコストを上げているのは材料のムダづかいや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などです。でも初めて家を建てる人に、コストのかかるところ・かからないところを判断するのは難しいことです。そこで、この目に見えないコストを極力少なくするための「ルール」を作ることで、クオリティは高いまま、コストを抑えた注文住宅づくりを可能にしました。単に、質を落として安くした住宅なら世間にあふれています。でも、それでは意味がないのです。注文住宅というからには、100人100様の個性も必要ですし、クオリティの良さは大変重要です。完全にゼロから自由に作る「オートクチュール」ではなく、自由にできる”幅”を大きく残しながら”もったいない”をなくすルールの中でつくる「セミオーダー」。それがグラテートのコンセプトなのです。

Point 3 省エネ + 長持ち + 地震に強い

デザインが自分好みでも、コストが抑えられても、夏は暑く冬は寒い家、長持ちしない家、地震に弱い家では、快適な生活はできません。家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に長く住める住まいにしたい。長期優良住宅の性能基準を大きく上回る「グラテートの家づくり」は、家族のそんな思いを叶えます。

長期優良住宅に標準対応した燃費のいい家

高性能断熱材で夏涼しく冬暖かい家

住宅にも燃費のいい家と悪い家があります。住宅の燃費とは「冷暖房などのランニングコスト」です。住宅費用は「住宅ローンなどの購入費用」と「冷暖房などのランニングコスト」を合わせたものです。15年以上前に定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する長期優良住宅基準を満たすだけでは充分な性能ではないと考えています。当社はオリジナルの「セルロースファイバー」や高性能の窓サッシを使用することによって長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現し、非常に燃費の良い快適・エコな住宅を追求しています。

Point 4 保証とメンテナンス

無料点検の実施

当社で定めるメンテナンス方針に準じ、お引渡し後の定期点検を実施します。新築のお客様には、お引渡し以後に定期的に点検をさせていただきます。1年・5年・10年には重点的に点検し、建物を維持する為の計画的なメンテナンスのアドバイスもさせていただきます。

保険・保証制度

住宅購入に不可欠な10年間の瑕疵担保責任保険への加入や住宅性能証明書の発行などを実施しております。

10年間の瑕疵担保責任について

第三者機関

住宅保証機構株式会社

概要
新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負っています。平成21年10月1日よりスタートした住宅瑕疵担保履行法は瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けています。尚、当社は住宅保証機構株式会社に加入し、検査も受けて建築を行なっておりますので、ご安心ください。グラテートの住宅は第三者機関による厳密な検査、各種保証を受けています。

住宅性能評価書の発行について

第三者機関

所轄行政庁(都道府県知事または市町村長)
登録住宅性能評価機関

概要
住宅性能表示制度は住宅品質確保法または住宅の品質確保の促進等に関する法律にもとづき、第三者機関が評価や検査を行い、住宅性能評価書を交付する制度です。住まいの性能を等級や数値でわかりやすく見えるようにするモノサシとも言えます。住宅性能評価書の交付を受けることで、もしトラブルが起こった場合に円滑・迅速で専門的な紛争処理を受けることが出来る、地震保険料の優遇を受けることが出来る、住宅瑕疵保険の加入や長期優良住宅の認定手続きが簡単になる、フラット35の手続きが簡単になる、などのメリットがあります。

 

 

家づくりの進め方

step1 ご相談

まずは私たちにお気軽にご相談ください。お話をお聞きして、そのタイミングでお得な情報が提供できるかもしれません。平日でも休日でも、お日にちはいつでも大丈夫です。

step2 家づくりの勉強

賢い家づくり勉強

住宅会社を決める前に、35年のローンを組んでしまう前にぜひご参加ください!後悔しないための家づくりのポイントをお伝えします。

資産相談

資産相談今だけではなく、老後の計画まで考えた、無理なく買える資金計画のシミュレーションをしてみましょう。

step3 イベント参加

完成見学

実際に建てられたお客様の想い、高気密・高断熱の住宅を体感いただけます。

家づくり相談

「グラテートの家づくり」の特徴、ほかの住宅との比べ方、実際の土地の探し方、資金計画の立て方など、お客様の疑問に対してお答えいたします。

step4 敷地調査

設計のお申込み

建物を建てるにあたり、土地の広さや形状、地盤、水道・ガス等の引き込み導線などを調査します。安心・安全のマイホームへの第一歩です。

step5 打合せ

家ができたらこんな風に住みたいなどを思い浮かべてお聞かせください。将来にかけての家族の成長を深くイメージして最適なプランを描くための大切なステップです。実際以上の広がりを演出する空間構成など、さまざまな視点から工夫して、個々の土地に合わせた、あなたに最適なマイホームをデザインしていきます。

step6 最終確認と仕様の決定

微修正を反映し、細部まで作り上げた最終プランの確認です。あとはキッチンや洗面台、壁の色やドアなどの細かいところの仕様です。色のバランスなどは建築家に相談しながら、好みの家に仕上げていきましょう。

 

 

Q&A

 

Q1 グラテートといままでの注文住宅はどこが違うのですか?

A 注文住宅でありながら、部材や仕様や設備に一定のルールを設けたところです。そうすることで、職人さんの手間が省け、作業日程にムダがなくなり、建築時間も短縮できます。しかも、お客様が途中で素材選びの選択に悩みすぎる負担からコストの負担まで少なくできるようにしました。

Q2 コストを下げても構造や性能に影響はないのでしょうか?

A むしろ品質が上がっているといえます。質を落としてコスト削減するローコスト住宅とは違い、職人さんが仕事をしやすいようにルールや、部材の仕入れシステムをきちんと整えることでコストダウンを図る画期的な省コスト住宅ですから、家の構造や性能を左右する部分には驚くほど高品質のものを標準として使っています。

Q3 ルールがあると、どこも同じように見えませんか?

A きちんとお客様からヒヤリングをして設計図を描きます。感性・経験豊富な建築家が、お客様のご意向や土地の条件を反映してオリジナル図面を作り上げます。だから、一見すると似たように見えても、まったく違う個性の家が完成します。

Q4 土地探しも手伝ってくれるのですか?

A 土地探しは非常に地域性があるのですが、探す条件、地元情報などの土地探しをプロの視点から、お客様へ提案させて頂きます。 家探しをもっとシンプルに! あなたの目線で夢のマイホーム実現のお手伝いをいたします。

Q5 住宅ローンについての相談もできますか?

A もちろん、可能です。 ほとんどのお客様の資金計画は住宅ローンですので、お客様の不安な事については提携会社の住宅ローン専門のアドバイザーより、サポートさせて頂きます。

Q6 自分が描いているプランでもグラテートで建ててもらえますか?

A もちろん、どのよううなオリジナルプランでも建てられます。ただ、建築家はそのプランやヒアリングから、お客様のライフスタイルや本当の要望を読み取り、更に合理的なルールに基づいた、真にお客様の思い描くプランを実現してくれます。

Q7 アンティークのドアをつけたり、海外の大型設備を取り付けることはできますか?

A もちろん、注文住宅ですからそのようなご希望にも沿うことはできます。その場合、形状やサイズがグラテート標準のモジュール寸法から外れ、施工が困難な場合やコストアップになる場合もあります。