入居後のトラブル

Posted by
入居を終え、マイホームでの幸せな日々を……と思っていたら、思わぬトラブルで大変なことに! 万が一そんな事態になったら、どのように対処したらよいのだろうか。

入居後に瑕疵や設備故障が発覚した場合

「瑕疵担保責任」の範疇か否か、対応期間内か確認

売買契約に明記される「瑕疵担保責任」の項目は、購入後、建物に不具合等が見つかった場合の対応を定めた項目だ。まずはその条項を確認し、発覚した不具合が対象になるものか、また対応期間内かを調べよう。通常、新築の場合は、主要構造については10年の瑕疵担保責任が義務付けられている。中古の場合は、契約書によって対応期間が制限されている場合が多いので確認を。「瑕疵担保責任」の対象となるものなら、売主側に修繕してもらう。場合によっては契約解除が可能なこともある。

新築はアフターサービスの対象かどうかを確認

新築住宅は、一定期間中に、壁紙やフローリングなどの内装の傷みや水まわりの故障が見つかった場合、無料修繕してくれる「アフターサービス」付きの物件が一般的。不動産会社から契約時に渡される「アフターサービス基準」を確認しよう。

契約と異なる事態が起きた場合

購入の目的が達成できない場合は契約解除も

例えば、「4m道路に2m以上接している」と明示された物件を購入したのに、建て替えようとしたら、実は道路幅が4m未満だった、というような場合。購入の目的が達成されない場合は、契約の解除もできる可能性が高い。

小さな契約違反は話し合いで解決を

中古住宅について、「撤去してもらうはずだったエアコンが残ったままだった」「お風呂の追い焚き機能付きのはずがついてなかった」など、売主が契約時の約束を守っていない場合、話し合いの上で、できるだけ売主側に負担してもらえるよう交渉しよう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です