新築と中古のメリット・デメリット

Posted by

建物・設備が最新型の新築か。価格重視で中古をとるか

最新の住宅性能や設備、何より「未入居」という状態にこだわるなら新築。一方、中古は新築に比べて価格が安いのが大きなメリット。ただし、中古の場合、入居する前に修繕やリフォームが必要なケースもある。どちらが良いか迷う場合は両方を見学して、「購入価格+入居に必要な費用(リフォーム代など)」を比べて決めるといいだろう。

■新築のメリット・デメリット

メリット デメリット
●建物も内装も新しく、きれい
●築年の古い中古物件と比べると、耐震性や省エネ性能など、住宅性能が高い物件が多い
●最新の住宅設備を利用できる
●建物の保証期間が長い
●税制などの面で優遇されている
●中古に比べて物件価格が高め
●希望エリアに物件がない場合もある
●近隣にどんな人が入居するか分からない
●未完成で販売される物件の場合、実物を見ないで契約を決めることになる

■中古のメリット・デメリット

メリット デメリット
●新築に比べて価格がお手ごろ
●エリアを絞っても、物件を探しやすい
●実際の物件を見学し、建物の状態や、管理状況に納得したうえで購入できる
●近隣にどんな人が住んでいるか、事前に確認しやすい
●リフォームすれば設備を新しくしたり、好みに合わせてアレンジできる。最近は、設備などの改修とともに新たなライフスタイルを提案する「リノベーション」物件も豊富
●内装や設備の状態により修繕やリフォームに別途費用が必要になる
●新築と比べると、断熱性や耐震性など、住宅性能が低い傾向
●住宅ローンの返済期間が制限される場合がある

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です